甘いものを控えても薄毛が改善できないなら

甘党の方は、甘いものを食べすぎると薄毛になりやすいという話を聞いたことがあるかと思います。
糖分の分解のためにビタミンBが大量に消費され、代謝機能が低下する事で皮脂の分泌が増加してしまいます。
また、肥満や糖尿病などの生活習慣病に繋がる場合もあり、そうなると血管が弱くなったり血流量の低下、皮脂の過剰分泌など様々な問題も引き起こされるでしょう。
さらに、インスリンがたくさん分泌されると男性ホルモンが多く生成され、AGAの方はその分、抜け毛の原因物質ジヒドロテストステロンが増えてしまうのです。
ですから、それを知って甘いものを控えたという方もいらっしゃると思いますが、それでも薄毛が改善できないと言う事もあるでしょう。
そんな時は、あきらめずにフィンペシアの利用を考えてみて下さい。
フィンペシアは男性型脱毛症・AGAの特効薬プロペシアのジェネリック医薬品です。
主成分が同じなので効果もほぼ同様ですが、ジェネリックなので低価格なのが特徴です。
主成分フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成に欠かせない、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。
そうするとジヒドロテストステロンの量は減り、皮脂の分泌量増加や毛根の活動を抑えるといった作用もなくなりますから、ヘアサイクルを正常に戻す事ができるのです。
フィンペシアの使い方は、毎日1回決まった時間に0.5mg~1.0mgを最低3ヵ月以上服用し続けます。
血中濃度を一定に保つためにも、飲み忘れを防ぐためにも、飲みやすい時間帯を決めて毎日その時間に飲むように心がけましょう。
フィンペシアは抜け毛を予防する効果しかありませんが、ミノキシジルという外用薬を併用する事で発毛を促し、相乗効果を得ることができます。
どちらの薬も個人輸入で購入する事ができますから、数か月分まとめ買いするとお買い得です。
ミノキシジルのジェネリックもありますし、どちらも病院で処方してもらうより格安で購入できるので、治療費がネックで治療を諦めていた人でも、この値段なら使ってみようかと思えるかもしれません。
ですが、これらの薬は使用している間はヘアサイクルが正常化して、発毛効果も得られますが、使用を止めればまた元通りの状態に戻ってしまう可能性もあります。
しかし、男性ホルモンの分泌量はしだいに減っていくものですから、一生薬を使い続けなければならないと言うわけでもありません。
抜け毛を減らす事でストレスも軽減できますし、ほんの1、2年程度の治療で再発もなく、満足のいく結果を得られる方もいるんですよ。
また、甘いものを控えるなどの他の薄毛の原因を探し出して改善していく事で、AGA治療をやめても抜け毛が増えるリスクを抑える事もできます。
甘いもの以外に、ストレスや睡眠不足、食生活の偏りや運動不足、ヘアケアの仕方など、薄毛の原因は人によって様々です。
薬だけに頼るのではなく、自分から積極的に薄毛を改善できるように行動してみましょう。

フィンペシア