治療後再発してもフィンペシアで根気よく

AGA治療のため病院へ通った経験があると言う方もいるかと思います。
やはりはじめてのAGA治療の場合は、医師の判断に従ってプロペシアやミノキシジルなどの治療薬を利用する方が安心できますし、薬にアレルギー反応が出てしまったり、強い副作用が出てしまった時でも素早く対応できますよね。
それに、AGA治療を個人で行える事を知らなかったという方もいるでしょう。
だいたい6ヶ月程度の継続治療で抜け毛が減ったなどの効果を実感する人が多く、長くても2年程度で治療が完了すると言われています。
ですが、AGA治療薬の効果は基本的に一過性のもので、薬が効いている間は脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンの生産を抑える事ができますが、服用をやめればまた脱毛が始まる場合もあります。
それには個人差があり、必ず再発すると言うわけではありませんが、せっかく治療が完了したと思ったのにまた抜け毛が増え始めたら騙されたと怒りがわいてきたり、もうダメだと絶望してしまう方もいるかもしれません。
そんな時は、経済的に優しいフィンペシアを利用してみてはいかがでしょう。
でも薬で進行が止められても、飲むのをやめたらまた再発するんじゃないの、と思うかもしれませんが、必ずしもそうなるわけではないのです。
AGAの脱毛のメカニズムは、遺伝により量が多かったり活発に活動する5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつき、ジヒドロテストステロンに変わることで引き起こされます。
つまり、抜け毛が引き起こされるには男性ホルモンが必要で、その分泌量は一生のうちに変化していくため、分泌量が活発な時期だけフィンペシアなどを服用する事でAGAによる脱毛を防ぐ事が出来るのです。

もちろん、その時期は個人差がありますし、治まったと思った数年後にまた分泌量が増える事もあるかもしれません。
ですが、それで諦めてしまっては大切な髪は減るばかりです。
今を乗り越えられればきっと薄毛を克服できると前向きに捉え、フィンペシアなどの低価格なジェネリック薬を活用して薄毛を克服しましょう。
フィンペシアはプロペシアと違って病院で処方される事はありませんが、個人輸入代行サイトなどを利用する事で、医師の診断書や処方箋がなくても購入できます。
価格も病院で治療する場合の10分の1以上やすく済ませる事ができますから、再発した時にまたあんなに高い治療費を払わなければならないのか…と躊躇してしまった方でも気軽に治療を再開する事が出来るでしょう。

フィンペシアの服用方法はプロペシアと同じで、毎日1回決まった時間に0.5mg~1.0mgを服用します。
十分間隔を空けずに翌日の分を飲んでしまうと、血中濃度が高くなりすぎて副作用が出やすくなったり、肝臓に負担をかけてしまうのでお気をつけ下さい。
進行具合によりますが、3ヵ月~6ヶ月は飲み続けるのが望ましいです。
ミノキシジルなどの外用薬と併用する事も効果的で、こちらも個人輸入代行サイトで購入できますから活用するといいでしょう。

フィンペシア