AGA治療薬の購入費を大幅に抑える方法

日本でAGA治療薬であるプロペシアの販売が開始されたのが、2005年のことです。
それ以来、AGA治療薬は数々の日本の男性の薄毛の悩みを解消してきました。
しかし、その一方で、健康保険の適用されないAGA治療薬を購入し続けると、出費が高額になるために、AGA治療を諦めてしまう方も、多数おられます。
プロペシアを医師から処方してもらうには、1ヶ月に約1万円の治療費を支払わなければなりません。

一般的に、AGA治療薬の効果を実感するには、半年以上の期間がかかります。
ですので、医師から処方を受けてAGA治療を実現するには、少なくとも6万円以上の出費が必要になるのです。
日本で正式に認可されているAGA治療薬は、現在プロペシアのみとなっています。
このことから、日本でAGAに悩んでいる方は、高額な治療費を支払って、プロペシアの処方を受けるか、諦めるかのどちらかだと思われがちです。

しかし、日本では認可されていませんが、世界にはプロペシアのジェネリック版が存在しています。
オオサカ堂という個人輸入代行業者で入手できるフィンペシアも、プロペシア同様に、フィナステリドを主成分に持つ、ジェネリック版AGA治療薬です。
インドのシプラ社という、ジェネリック医薬品の分野で世界的なシェア率を持つ製薬メーカーが販売している、このジェネリック医薬品は、プロペシアと変わらないAGA改善効果を持っていながら、その価格は破格というべき低価格になっています。
例えば、オオサカ堂でフィンペシア100錠入りを5箱購入すると、まとめ買いによるディスカウントが適用されて、11,680円で購入できます。
なんと、12,000円以下で、500日分のAGA治療薬が購入できるのです。

一方、プロペシアは1箱28錠入りなので、18箱買わなければ500錠に達しません。
つまり、もし同じ分量のプロペシアを購入すると、18万円かかります。
このように、プロペシアとフィンペシアの価格差は、歴然としています。
それでいて、効果はほぼ同じなので、プロペシアから、このジェネリック版AGA治療薬に切り替える方が多いのです。

さて、日本にいながら、こうした安価で性能の高いジェネリック医薬品を購入できる個人輸入代行業者はたくさんあります。
先ほどから登場している、オオサカ堂も、数多くのジェネリック医薬品を扱っている個人輸入代行業者です。
オオサカ堂は、シンガポールに医薬品の発送元を持つ業者なのですが、そのシンガポールの発送元では、取扱商品の成分検査を独自に行っています。
こうした自主的な検査によって、利用者がより安全に医薬品を利用できるように、配慮しているのです。

このように、信頼性の高いオオサカ堂でフィンペシアを購入すれば、プロペシアの購入費に悩んでいた方も、安価でAGA治療ができるようになります。
オオサカ堂は、医薬品の購入費に悩む消費者の強い味方なのです。

フィンペシア