AGA治療を続けられないと思ったら

男性型脱毛症の画期的な治療薬と謳われるプロペシアですが、病院に通って半年以上使い続けても、ふさふさとした髪が生えてこなかったという方はいますか?
産毛が増えるなどの多少の変化は感じても、高い治療費を払い続けるほどの意味はあるのかと一度考え始めてしまうと、これ以上続けられないという気持ちが強くなってきてしまうかもしれません。
たしかにAGA治療は自由診療になるので、毎月の診察代と薬代1万~2万円は大きな負担になるかと思います。
そのために自分の趣味を我慢したり、家族も巻き込んで節約しなければならないとなったら、薄毛を我慢した方がマシだという方もいるでしょう。

ですが、家計に負担をかけずに薄毛治療を続ける方法はまだありますから、早まらないで考え直してみて下さい。
その方法とは、オオサカ堂のような個人輸入代行サイトを利用して、プロペシアのジェネリック薬フィンペシアを購入することです。

個人輸入とは、自分が利用するために個人で輸入する事ですが、医薬品の場合は知識が必要ですし手間がかかります。
それをスムーズに行うためのサービスで、普通の通販サイトのように海外にしか売っていない薬なども安く手に入れることができます。
フィンペシアでいうと、100錠入り5箱まとめ買いすると一箱2,300円程度、一月分で考えると700円ほどで済むということです。
これを利用すれば、もう病院へ通う費用も診察代も必要なくなりますから、毎月たった700円程度の負担で薄毛の治療ができると言う事です。
これなら今まで我慢していたものを我慢しなくても、気軽に治療を続けられますよね。
フィンペシアは長い期間使うほどに改善の効果が得られると言われています。

まだ半年では産毛が増える程度かもしれませんが、これから1年、2年と続けていく事で産毛は成長し、フサフサの髪を取り戻せるかもしれないのです。
他にも、プロペシアが高すぎてミノキシジルなどの外用薬を併用できなかったという人でも、オオサカ堂でミノキシジルのジェネリック薬を購入すれば、低価格ですので併用しやすいのではないでしょうか。
フィンペシアは有効成分フィナステリドによって、抜け毛を促す原因物質ジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

そうする事で抜け毛を減らし、髪が抜けずに成長しきる事ができるので、薄毛を改善できるのです。
ですが、ジヒドロテストステロンの影響で元気がなくなった弱々しい毛根は、それだけではなかなか立派に成長してくれません。
それを助けるのがミノキシジルで、塗った部分の血管を拡張して血行を改善、毛根に刺激を与えて十分な血液を送り込む事で発毛を促してくれます。
ですから、薄毛が進行してしまった方には大変効果的な組み合わせなんですよ。
これらジェネリックの利用で治療費に悩まなくて済むようになれば、ストレスが軽減してさらに改善率がアップし、きっとフサフサの髪を取り戻す日も近づくでしょう。

フィンペシア